smallstep(自閉症児子育てブログ)

自閉症の息子くんと定型発達の娘ちゃんとのんびりママの成長の様子☆

スポンサーリンク

自閉症育児の大先輩

息子くんが発達障害だと分かってから、発達障害児の子育てをしている知り合いがいると、今後の参考の為にお話しを聞かせて頂いています。


先輩と偶然の再会

買い物へ行って偶然、自閉症のお子さんを育てている知り合いにお会いしました。

お子さんと言っても、もう成人していて、事業所で立派に働いています。

調度連絡してみようかな。と思っていたので、お会い出来て嬉しかったです。

お話しを聞きたいと伝えると、後日家に遊びに来て下さる事になりました。


就学先の話し

先輩のお話しはとても参考になりました。

私がその時一番聞きたかった事が、就学に向けて就学先を決めた時の事。
そして、兄妹児の接し方を中心にお話しを聞かせてもらいました。

先輩のお子さんは、地域の小学校の支援学級に通われました。
地域の小学校を選んだ理由は、地域との繋がりも大切にしたかったからだそうです。

「支援学校だとどうしても狭い世界になってしまうので、親が亡くなっても地域の方と一緒に生活してもらいたいと思った。」と話してくれました。

私は、地域との繋がりとか考えていなかったので、そういう考え方もあるのだなと、とても参考になりました!


妹の事について

先輩のお話しで印象に残った事が、「発達障害の子で下の兄弟がいる子は、いつか成長を追い抜かされる時がくるよ。」と言っていたことです。

「だから、妹だけどお姉ちゃんだと思って接したらいいと思う。」とアドバイスをもらいました。

確かに、我が家の息子くんは重度なので、結構早い段階で精神年齢は追い抜かされたような気がします。

以前、息子くんのリハビリの先生から「妹ちゃんの負担にならない程度に頼ったら良いと思う。」「でも、妹ちゃんと2人の時間を作ったり、甘えさせえてあげる時間も大切にしてね。」と言われたことを思い出しました。

これから先も、妹ちゃんの対応で悩むことがあると思いますが、このアドバイスは大切にしたいなと思いました。


スポンサーリンク


自立に向けてのアドバイス

先輩の息子さんはしっかり自立していて、自分の身の回りの事は何でも自分で出来ます。

その為には、小さい時からお手伝いをさせた方が良いと言われました。

「融通が利かないから、洗濯をさせると雨の日でも外に干したりするけど、何でもやらせることが大切だよ。」と言われました。

先輩の話しは、本当に参考になることばかりでとても楽しい時間になりました。

アドバイスを大切にして頑張ろうと思います。



にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村

スポンサーリンク