smallstep(自閉症児子育てブログ)

自閉症の息子くんと定型発達の娘ちゃんとのんびりママの成長の様子☆

スポンサーリンク

聞こえてしまった切ない話・・・

昨日ランチを食べに出掛けました。

聞くつもりはなかったのですが、隣の席に座っていたママ友さん同士の話しが、クラスの発達障害の子供の事について話しているようで、つい聞いてしまいました・・・

あの時隣に座っていたママさん方すみません・・・


聞こえてしまった話

そのママさん方が話していたのは、同じクラスに発達障害と思われる問題行動を繰り返す子供がいて困っている。

先生に話しても問題が解決しない。

という話しをしていました。

発達障害児の親としては何とも切ない話でした・・・


診断を受けていない発達障害児さん

私もママ友さんと話していても、発達障害と思うけど診断を受けていないお子さんって結構いらっしゃるようですね。

うちの息子くんは重度で明らかに発達障害だったので療育を受けていますが、もし軽度だったら診断を受けるって凄く勇気がいる事かもしれないな。と思いました。

以前小学校の先生をしている知人と、診断を受けていない発達障害児さんの話になった時に、小学校の先生は診断を受けた方が良いですよと言わないのか聞いたら、言ったら問題になるから言わないよと言っていました。


診断を受けるか選択するのは保護者

診断を受けていないお子さんの親も、発達障害かもしれないけど子供を障害児にしたくないと、きっと悩んでいると思うんですよね。

私も初めて療育センターを受診する時は勇気がいりました。

でも、今は息子も療育を受けることができていて、私も息子の事を相談できることが出来る人が周りにいて、とても心が落ち着いています。

あの時、療育センター受診への背中を押してくれた、息子の小児科の先生には本当に感謝しています。

子供が発達障害かもしれないけ受診していない方は、診断を受けることによって適切なサポートを受けられて、子供も親も心も軽くなる事もあると思います。

でも、診断を受けるかどうかの選択は保護者がしないといけないですよね。

皆さんが後悔をしない選択をして欲しいなと思います。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーリンク